老人性のうつ病

老人性のうつ病は、次のような症状があります。無口である、無気力である、他人に関心がない、よく眠れない、憂鬱である…など。老人性のうつ病の症状は、痴呆に間違われやすいです。家族が老人性のうつ病かな?と思ったら、医療機関で専門家による診察を受けたいです。
フランチャイズで機械化されたシステムの有料老人ホームでは、その変化になかなか気づきにくいという声もあるようです。ひとりひとりの認知度、意識を高めることも大切ですね。

老人性うつ病の症状

老人性のうつ病の症状は普通と違います、認知症と勘違いされやすい症状だとも言えます。
老人性うつ病の症状は一日ボーっとしている、物忘れの事がどんどん激しくなる、何もわからないといった症状が目立つので、家族の方はそれを認知症と思ってしまっても仕方がないかもしれません。
その他にも、食べ物を食べたくない、自分の存在が必要性のないものに感じたり、イライラしたり、あまり眠れなくなったりします。
このような老人性うつ病の症状を引き起こす原因としては、周りの人が高齢者になればなるほどなくなっていきます。
一番は静かな環境でしばらくは何もやる気が起きないとしてもそっと見守ってあげるのが一番だと思います。
老人性うつ病は認知症とは違うといいましたが、認知症は今までは治療できます、老人性うつ病ならば治療してある程度でよくなることができる症状なので、ゆっくりあせらず余裕がでたら通院して薬も飲みながら治療することは可能です。

そもそもうつ病とは?

近年ではよく耳にするようになった病気の「うつ病」。精神的な病として広く知られていて、「心の風邪」と表現されることもありますね。
基本的には無気力になったり、元気がでなくて気分が抑うつ状態になるのが主な症状です。
また、身体の面に症状が出ることも少なくなく、うつ病によって体が重くなり思うように体が動かせなくなったり、ある朝目覚めると体が動かなくて、病院に行ったらうつ病と診断された、という人も多いようです。
うつ病は基本的には自分の身体にかかるストレスが強すぎて、それに対して心がSOSを出したものが表面に現れたもの。
「甘え」という間違った認識をしている方もまだまだ現在の日本にはいます。
うつ病にかかってしまう人は誰よりも頑張りたいと思ってなってしまったということを、周りの人が理解してあげることが療養に何より必要です。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ