老人性うつと認知症

老人性うつ は病気や怪我でしばらく寝たきりになってしまったようなときに起こりやすいと言われています。
また老人性のうつ は多くの場合、喪失感がきっかけになることが多いとされています。これは体力の低下、世間からの孤立感などをきっかけにすることが多いそうです。

孤立感、喪失感があると、自信が持てないため、物事にたいして、何もしたくない、何も分からないという言動を繰り返すことが多く、周囲の人からは認知症と勘違いされることが多いそうです。

今まで自信を持ってやっていたことが、必要とされないという事実は厳しいものです。

年齢があがるにつれて、現場から遠のき、最新技術などから疎くなってしまい、現場との会話に自信が持てないという悩みがあります。

ご老人にたいしても周囲の接し方で うつ から脱することが可能なようです。これは山田も同感です。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ