ひょっとして痴呆?

ひょっとして痴呆?とも思いましたが、どうやら違うようです。息子の私には分かります。ただやる気がなくて、他人に全然関心がなくて、そして夜もあまり眠ることができないようです。これは老人性うつ病の症状そのものだと思います。

そこで私なりに、知人に聞いたり、同じく高齢の親をもっている人に聞いたり、書籍などで、いろいろと老人性のうつ病について調べました。このブログでは、そんな私が得た、老人性のうつ病の知識や情報や私の体験を書いていきます。私と同じく、老人性のうつ病の疑いのある親御さんをお持ちの方に読んでいただいて、少しでもお役に立つところがあると嬉しく思います。

痴呆とも間違えられやすい

ブログのタイトルも分かりやすく「老人性のうつ病」とそのままにしました。老人性のうつ病は痴呆とも間違えられやすいですが、その点についてもおいおいお話していきたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ